大学先生インタビュー

新規会員登録

冊子印刷ドットコム-HOME » 大学先生インタビュー

大学先生インタビュー

印刷のスペシャリストにお願いすることで、自分の時間ができて、自分の仕事自体のクオリティーも上がるし、凄い価値があることだなって分かりました。

「スポーツ栄養学」を一般人の健康増進、競技者のパフォーマンス向上という両面から研究しています。

スポーツ栄養学と健康はどんな関わりがありますか?

健康ってすごく大事じゃないですか。個人の生活にとっても大事だし、それに自分や身の回りの人が病気になったらすごく困るし。最近なら国家の財政を考えても、毎年一兆円ずつぐらい医療費が上がって若い世代にしわ寄せがって話で、何とかしないといけないと思うんですよ。
ただやっぱり病気になってからだと遅いので、じゃあいつ食事のことを知るかっていうと、私たちぐらいの年齢になるとそういうことに興味が出てくるんですが、変えようと思ってもその食志向はもう変えられない。

そうすると小さい頃、まだ健康に関心がないぐらいから食べ物のことをちゃんと知っていないと駄目で、そのためには子供に食べ物への関心を持ってもらうために、スポーツ選手などを通じて「自分が強くなったのは、好き嫌いをせずにしっかり食べて牛乳を飲んだからだ」とか「野菜を食べたからだ」とか、そういう「栄養って大事だぞ」ということを言ってもらったら、子供たちって「そうか」って思うじゃないですか。
学校の給食の時間に栄養士の専門家の人が喋るのはもちろん大事だけど、そういう時にスポーツ選手とか地域で強い方が食べ物のことをちょっと言ってくれたりして、で子供が「じゃあ俺もっと速く走るためには何食べたらいい」とか「野球でもっと飛ばすためには」みたいなところから、BMIだとか栄養の成分だとか知ってくれて、塩分の摂りすぎ気を付けようとか色々思ってくれるといいなと。

意外とスポーツ栄養研究活動の着地点ってその辺じゃないかなと思っていまして。
一部の強い人ってシンボルとしてはもちろん大事だと思うんですけど、すごくお金がかかって問題になっているオリンピックのこととかでさらに強化していこうと思ったら、ただでさえ苦しい国家財政をどれだけ導入するかって、コンセンサスが得られない時代がすぐそこまで来ていると思うんですよね。
だけどスポーツ選手が社会に対して貢献できるのは“ピラミッドの一位じゃないとだめ”とかではなくて、そのピラミッドを構成している中間の辺りの人たちも子供たちにとっては絶対憧れなので、そういう形で子供たちにフィードバックしてくれるといいなと。
僕らが大学で直接選手のサポートをするのは時間的に厳しいこともあるけど、正しい情報を色んな形で提供してそういう人たちが子供たちに喋る時に、適切なことが言えるようにするとか、あるいは教育とか。
僕が直接喋らなくてもうちの学生は管理栄養士だから、毎年八十人ぐらい社会に出ていくわけですよ。そういう人たちが小学校で何かしたりとか、あるいは市役所で3歳児とか1.5歳児の検診の時に喋ってくれるとか。
そういう学生を送り出していると段々そういう風に社会がなっていくのかなあと思っています。食べ物だけでも駄目だし運動だけでも片手落ちだし、どっちもわかっている学生を出していけるように研究とか教育とかしていこうというのが基本的なスタンスです。


日ごろどういったことを研究されているのですか?

食べ物で、例えば小さい子は、油とか甘味とかタンパクみたいな栄養に必要なものを食べたがりますが、そうではないものの中に、好きなものとそうではないものがあったりして、なぜそういった必要ではない成分の物を好きになるのかということを調べています。

するとやっぱり昔食べたことがあるというのは大きな要素なんですよね。
要するに記憶に刻み込まれているものがどこかでふっと好きになるという。その組み合わせも面白くて、好きなもの・好きだけど必要ではないものの味や成分の組み合わせはやっぱり好きだし、嫌いなもの同士だとやっぱり嫌いみたいな、そういう足し算みたいにできるんだということが分かってきました。
まだあまり詳しくお話できないですが、栄養的に必要だから好きとかそういうことだけじゃない、数式っていうとちょっと大げさすぎますけど、足し算引き算ができる話だなってことが分かってきて、面白いなと思いますね。

それを活用して今後の目標などはありますか?

そうですね、一つは好き嫌いみたいなものがすごく大きなトピックだと思っていて、ある時期になったら食べられるかもしれないっていっても、それはそうはならないことも十分あるわけですよ。世の中には美味しいものがいっぱいありますので。

だけどその好きとか嫌いとかが記憶とどう結びついているかというのを読み解くことができたら、野菜嫌いの子供が大きくなったら確実に野菜を食べるようになるとか、もっと直接的な例だと、一般的な女性でも貧血になる人が滅茶苦茶多いんですよね。それで色んな栄養食品を見ると、レバーなんかは物凄く鉄分が多いのですが嫌いな人が多い。だけどどの要素が嫌いにさせているのか、それは実は無理にレバーを食べさせなくても普段他に食べているものの中にレバーと同じ要素をうまく入れることで自然とレバー嫌いをなくせるとか。

気づかない間にサブリミナル的な感じですることで「これって実は普段から食べ慣れているあれだから」と慣れてしまうようなことができると面白いなと思っています。
それでそれを若い頃からどんどん時間をかけてやって、年を取ったらどこかで好きになるのをもっと期間を短縮して、普段の食事の中で忍ばせておくことで、もっと若いうちに「実は食べれるじゃん」というようになると面白いなと。

好き嫌いの要素って、味の要素と食感、むにゅむにゅしてるとかねばねばしてるとか、そういったことも関係性はあるんですか?

僕が直接調べている実験モデルでは、食感は評価はしていないのですが、それは一般的にはおっしゃる通りで、食感の好き嫌いは物凄く大きい要素ですよね。食感は凄い大事ではあることは間違いが無いですけれど、動物モデル系で評価するのはやっぱり難しいんですよ。
そこは人の課題だとは思ってまして、色んなものの食感を変えて、評価していくっていうのはむしろこれからやっていかなきゃいけない課題でしょうね。凄い面白いところだと思います。

ポスターを注文した時に「折りますか?」って仰っていただいたのが凄く助かりました。
もしネットでぴっぴっぴっとやって印刷するようなところに頼んでいたら分からなかったことだと思います。

冊子印刷ドットコムに依頼したきっかけは何ですか?

ある先生から冊子印刷ドットコムをご紹介頂いて、それで連絡をとらさせてもらってそれからなんですが、本当に凄い助かりました!

一番最初にポスターのデザインを弊社で担当させて頂いて、一発で非常に喜んでいただいて…

可愛い感じで作っていただいて、あれはすごく好評でした。
写真を何枚かお送りして、それから必要な文章をお送りして、でフライヤーに入れる重要なところをピックアップしていただいて、凄い良かったなと思いますね。
実は今回お願いした11月のものとは別に、サテライトの学会が12月にあったんですが、そっちはちょっと色んな技術とか予算の関係で、別のものがデザインしたんですよ。それでカラーでもなんでもなくて白黒の一枚だったんですが、後で分かったんですがプロの仕事と全然違うなと思いました。大きくする字を間違えてるとか、デザインのレイアウトとかね。

だからやっぱり無理してでもお願いしといたらよかったなあという風に思っていますね。やっぱりちゃんと色んなとこを凄く考えていただいたんだなあというのが、逆に自分が失敗してみてよくわかるというか。
11月の方はおかげさまで凄くたくさんの人が来てくれたんですが、それはポスターの力もあったんだと思うんです。12月の方はやっぱりポスターがしくじったなあと思いますね。

費用も関係あったりするんですか?

費用はありますね。

予算等も言っていただいたら、範囲内で最大限やらせていただきたいなと思いますのでぜひ

そうですね、例えばその二色刷りとかね。
そういう形でオーダーして、予算を下げてでもお願いするべきやったなあって今思いますね。やっぱフルカラーでこれでって考えたらちょっと厳しいかなって思ったんですけど、多分いろんな形があったと思いますから、それは学びました。

これまで冊子などを印刷するのに業者を使った経験はありますか?

それはありますよ。印刷屋さんやセルフで作れる場所等いくつかありますが、学会用に会頭の伏木先生の下で大規模にというのは今回が初めてでした。
それでフライヤーだけじゃなくて、ポスターは助かったなあと思ったことがいっぱいあるのですが、その中の一つが大きいポスターです。注文した時に「折りますか?」って仰っていただいたのですが、あれは凄い大きくて、確かに自分らで折るとなると滅茶苦茶大変ですよね。

なので何も言わなかったら多分どさーって届いたかもしれないですけど、「折ったら」っておっしゃっていただいて、しかもその何枚かは当日貼るだろうからと残しておいてくれたみたいで、折らない版と折る版を言っていただいたんですが、これはもしネットでぴっぴっぴっとやって印刷するようなところに頼んでいたら分からなかったことだと思います。常に担当の岩本さんと連絡ができていたのは良かったですね。

そういう目に見えないところでも、経験を持ってらっしゃるというところが、実は凄く大きくて、そういう意味では凄く助かったなあと思います。

依頼して良かった点は何ですか?

こちらの仕事にそれなりにエネルギー注ぐと、他をほっとくことになるので、意外と色々忙しいんですよ。何が忙しいかっていうと、それは何かし忘れていることがないかって考えるのが忙しくて。
そういう意味では、デザインやフライヤーの部分では、もう一切心配することなく原稿だけ出したら完全な状態で送っていただけて、折とかいう作業もいらなかったわけですし、ネームカードについても「ここの下を残すか」といった話とか、自分はあまり考えなくてもお願いしたら経験を基に作ってくださるところが良かったですね。

印刷物をサポート力のある会社に依頼するメリットはなんですか?

ポスターなどの印刷物は一番人目に触れる大事なところなので、そのポスターがちゃんとしているかどうかで、ずいぶん人に対する印象が違うと思うんですよ。そういう意味ではそれをどうやって間違いなく作るか、かつ間違いなく作るには何を考えないといけないか、っていうところを、経験に基づいてサポートしていただけるっていうのが凄くありがたくて。

僕もようやくこの年になって自分の時間が限られていて、人に色んなことをお願いするのは当然お金が掛かるけど、お金を払って助けていただいて、専門の方にお願いすることで仕事自体のクオリティーも上がるし、かつ自分自身に時間ができることで自分が本来やらないといけない仕事のクオリティーも上がるということで、色んなことをちゃんとした人にお願いするっていうのは、凄い価値があることだなってようやく分かりました。もうちょっと早くわかっておけばよかったなあ。

僕は学会の実行委員長だったのですが、会頭がいて実行委員長がいて、で少し分かったのは、実行委員長ってプロ野球の球団でいうところの監督みたいなポジションなんです。会頭っていうのはオーナーみたいなもので、お金を取ってきてそんなに口は出さないのだけど、実行委員長は色んな情報が刻一刻と変わっていく中で一体何をしないといけないのかを判断しないといけないわけです。

でもそれは監督にとって、経験のあるコーチがパートパートにいるように、印刷物だったら担当の岩本さんにお願いしたらいいとか、そういう風にその部分のスペシャリストの人がどれだけ手伝ってくださるかで、学会を運営できる規模やそれがどれだけできるか、あるいはそういうことをしながら自分自身の研究や教育のクオリティーを落とさずにできるかなどが密接に関係していると思います。
そういう意味で、学会の運営はしばらくしたくないですが、次にそういうことがあったら、また冊子印刷さんにお願いできればなあと思っています。

インタビューさせていただきありがとうございました!

ご依頼いただいた冊子

ポスター
A2 片面カラー コート紙135圈200枚 一部十字折
フライヤー
A4 片面カラー コート紙90圈800枚
講演要旨集
A4 76P 50冊 モノクロ印刷
表紙 色上質紙 若草
本文 上質紙70

お問い合わせフォーム


実績集を見る

このページのトップへ戻る